スポーツカークラブ横浜

マスターシリンダーOH

助っ人に助けられ、ブレーキとクラッチのマスタシリンダーとスレーブシリンダーのピストンを抜くことができました。
ボディーの部分をバナーで炙る事でアルミが膨張しピストンとボディーのシリンダー間に潤滑剤を注入しプラスチックハンマーで叩くとピストンがモグラの様に穴から出てきました。
アルミの腐食と錆などを落とし、カップを交換してオーバーホール完了です。
次はフロントとリアブレーキのオーバーホールになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930